ブランド時計 時計マニアをうなずける程最高級スーパーコピー時計!これ以上のブランド時計コピーはありません!本物ブランド腕時計に間違えますよ! 商品検索:
ブランド時計 スーパーコピー時計コピーブランド時計時計コピー
 
   ロレックス
   パネライ
   ウブロ
   オメガ
   シャネル
   フランクミュラー
   ブルガリ
   カルティエ
   オーデマピゲ
   ブライトリング
   IWC
   パテックフィリップ
   タグホイヤー
   ルイヴィトン
   ヴァシュロン・コンスタンタン
   ピアジェ
   ショパール
   エルメス
   ジャガールクルト
   ランゲ&ゾーネ
   モンブラン
   ブレゲ
   チュードル
   ベル&ロス
   ボールウォッチ
   グラハム
   ハイゼック
   オリス
   ロジェデュブイ
   バセロン
   クリスチャンディオール
   コルム
   ブランパン
   ポルシェ・デザイン
   ユーボート
   ユリス・ナルダン
   ティファニー
   ダニエル・ロート
   ガガ・ミラノ
   ドゥ・ヴィット
   ブランド専用ボックス
 
 
 
クチュールのサロソについて

クチュールのサロソについて
「わたしがこんな臓を着ると思いますか?」と彼女はそのごつごつした声でわたしに聞いた。「こんなのを着たら、べルシ、の老兵みたいに見えるでしょうよ」
  もう一人、同じようなモンス夕ーが、こちらはニューヨークからやって来たのだが、わたしが「ココによってすっかり洗脳されている」といったものだ。彼女は、その赤い顔の前に電池で動くミニチュアの用風機をつき出しながら、英語なまりのフラソス語で話していた。
「ココは年取った人だから、こうしてここに来るんですよ」と彼女はいった。敬意を表してというわけだー。パリでは唖然とするようなことを聞くものである。とにかくオート・クチュールの初日を見ておかねばならないというわけだ。わたしは通りの空気をちょっぴりつかまえようと、少しばかり開いた窓のそばに隠れて、クチュールのサロソに年二度集まってくる、この特殊な人クの群をじっと見ていた。驚くべきことは、ここにはまったく若さがないということだ。これではコレクションについて記事を書くには、モード専門のジャーナりストは千年も年を取っていなければならないと思いたくなるでは                                                                                                ないか。

 

 
 
      最新情報 | お支払方法について | 商品発送について | 連絡方法 Copyright © 2005-2011 Watch Brand, All Rights Reserve;         
オリジナルコピーブランド時計と同等品質のブランド時計·スーパーコピー時計をお届け致します。